アダルトVRゴーグル

Oculus Link+Whirligigで完璧な連動アダルトVR環境構築に成功したので方法を解説

2月 1, 2021

僕は現在iPhoneに簡易VRゴーグルをつけてアダルトVRを鑑賞しています。

VR動画に連動するアダルトグッズを持っているため主にアダルトフェスタVRの動画を専用のディメンションプレイヤーで見ているのですが、アダルトグッズを同時に連動させたときにそれぞれ独立した動きをさせることができないため不満でした。

不満すぎてFANZAの動画にむりやり連動させる方法も考えましたが、再生タイミングを調整しないといけないため実用に耐えませんでした。(動画をとめるたびにVRゴーグルを外して再生タイミングを調整して同時に再生し直さなければならない)

何とかならないものかとずっと考えていましたが、グッズ連動はふつうのAVにつかっている人が多く、アダルトVRに連動させる情報はあまりありなく、我慢するしかないものと思い込んでいました。

しかし調べていると同じ悩みを抱えている(いた)人のブログが見つかりました。本記事ではこの方法を使ったアダルトVRの完全な連動方法を実現するための方法、そこに至るまでの試行錯誤の過程を書きます。

アダルトVRにVORZEグッズを同時独立連動させる方法があった!

僕が見つけたのはtakeotakeoさんという方のブログです。

管理人のソロ充環境を紹介します。ーtakeoのAV・アダルトゲーム情報紹介サイト

この方が作った自作ツールを使えば、複数のグッズを同時に、しかも独立させて動かすことができるとのこと。僕がこれまでずっと探していた情報でした。(発見したなどと書いていますがbbsのオナテク掲示板に掲載されている有名な方法だったようです)

ただこの環境を実現するにはかなりスペックの高いパソコンとクソ高いPCVR用のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が必要です。パソコンが10万円、ヘッドセットが4万円くらいでも14万円はかかるでしょう。それに僕はどちらも持っていません。

今までもパソコンVRを購入したいと思ったことは何度かありましたが、この高価格がハードルになって導入にはいたりませんでした。2万円のOculus Goでも十分きれいですしね。

ただしグッズを独立して連動させられるのなら話は別です。明確に体験が変わってきます。僕の中でパソコンVRを体験してみたい欲がふつふつと湧きあがってきました。

突然の臨時収入とOculus Quest2の購入

しかしある日、ひょんなことから臨時収入が入りました。38,000円。奇しくもちょうどOculus Quest2が買えるくらいの金額でした。以前VRを鑑賞するためにiPhoneを購入したのですが、Oculus Quest2を買えばそれも要らなくなるため売れます。そうすれば3、4万円くらいになる。つまり実質6万、7万円くらいの出費でOculus LinkのVR環境を作れてしまう…?

実質いくらだろうとクソ高いことには変わりないので悩むべきなのですが、気づいたらPCパーツとOculus Quest2を購入していました。ここから僕の最強VR環境構築がはじまりました。

必要なもの

必須

  • 連動アダルトグッズ
  • ゲーミングPC
  • Oculus Quest2と Oculus Link対応ケーブル(またはOculus Rift)
  • Vorze専用無線アダプタ

連動アダルトグッズはUFO SAとかA10サイクロンSA、A10ピストンSAとかです。ゲーミングPCというのは要するに処理能力(特にグラフィック性能)の高いパソコンのことです。詳しい条件はOculus Linkの互換性に書いてありますが、以下の通り。

部品の推奨スペック

  • プロセッサ Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
  • グラフィックカード 以下のGPUの表を参照
  • メモリ 8GB以上のRAM
  • オペレーティングシステム Windows 10
  • USBポート USBポートx1

CPUにはインテル製とAMD製の2種類があります。i5とかなんのこっちゃと思うかもですが、ざっくり言うとCPUの性能と世代(つまり新しさ)を表しています。

性能については

  • Celeron…性能低い
  • Core i3…事務作業とかならいける、ゲームとかは厳しい
  • Core i5…そこそこハイスペックでちょっとしたゲームくらいならいける
  • Core i7…高性能でわりとなんでもOK
  • Core i9…最高性能だけどここまで高くなくてもいいかな

みたいな感じです。AMD製の場合はCore iではなくてRyzenといい、性能的にはRyzenもCore iシリーズも同じくらいです。(Core i3はRyzen3と同じくらい)ハイフンのあとの数字は1000の位で世代をあらわしてます。

世代については動作条件にある Intel i5-4590はインテル Core i5の第4世代を、 AMD Ryzen 5 1500XはAMD Ryzen5の第1世代という意味です。Core iシリーズは現時点(2021年1月30日)で第10世代が、Ryzenシリーズは第4世代が最新なので結構古いのでもいけます。要するにこの Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X より性能が高ければ大丈夫です。(これより世代が新しいCore i5以上やRyzen 5 以上)

グラボ(グラフィック能力を担う専用のCPUでゲームではとても大事)の動作基準は以下の通り。

NVIDIA GPU

  • NVIDIA Titan Z
  • NVIDIA Titan X 対応
  • NVIDIA GeForce GTX 970 対応
  • NVIDIA GeForce GTX 1060デスクトップ、3GB
  • NVIDIA GeForce GTX 1060デスクトップ、6GB 対応
  • NVIDIA GeForce GTX 1060M
  • NVIDIA GeForce GTX 1070 (すべて) 対応
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 (すべて) 対応
  • NVIDIA GeForce GTX 1650
  • NVIDIA GeForce GTX 1650 Super 対応
  • NVIDIA GeForce GTX 1660 対応
  • NVIDIA GeForce GTX 1660 TI 対応
  • NVIDIA GeForce RTX 20シリーズ(すべて) 対応

グラボはここに書いているやつが入っていればそれで大丈夫です。

パソコンはドスパラやパソコン工房などのパソコン専門ショップですでに組まれたものを買いましょう。その際、上に書いたCPUとグラボが使われているかだけはしっかりと確認しておきましょう。スペックが条件を満たしていないとせっかくお金をかけてパソコンを買ってもVRが動きません。

ちなみに僕はRyzen5 3500というCPUとGTX1660Superというグラボを載せたパソコンを自作しました。組み上げ済みのBTOパソコンでもよかったのですが、安いと思っていたのと自作してみたかったため自作しました。

ヘッドマウントディスプレイは性能と価格のバランスからOculus Quest2を買いました。配線がうっとうしいときには単体で手軽に使えると思ったのも選んだ理由です。Oculus QuestはケーブルでパソコンにつなぐとPCVRとして使えるんですよね。

あとVorze専用無線アダプタは連動させたい機器の数だけ必要です。NLSで一つ2,000円くらいで売っています。クソ高いですが必要なのでしかたない。

あると便利なもの

  • 移動できる机(フットワーク軽ければよし)
  • 高さやリクライニング調整可能な椅子
  • スタンドベーシック
  • UFO SA専用サポーター
  • ノイズキャンセリングイヤホン

机と椅子、スタンドベーシック、UFO SA専用サポーターは快適なハンズフリーオナニー環境実現に、ノイズキャンセリングイヤホンはパソコンやエアコン、電動アダルトグッズのノイズを完全にキャンセルして没入感向上に貢献してくれます。

Oculus Quest2で完全無敵な連動アダルトVR環境を構築する手順

ここからは僕と同じくアダルトVRの高みを目指す紳士のみなさまに向けて、Oculus Quest2でOculus Linkをつかって最強のグッズ連動VR環境を実現する方法と実現するために僕が苦労したことを書き残しておきたいと思います。ぜひ実現して至高のVR体験を楽しみましょう。

パソコンを組む

まずパソコンを組みます。というか必要スペックを満たしたパソコンが入手できれば何でも良いです。

Oculus Questをセットアップする

次にOculus QuestをセットアップしてOculus Linkを発動します。

といっても手順は簡単で

  1. WindowsにOculusアプリをインストール
  2. Oculus Quest2とパソコンをつなぐ
  3. Oculus Quest2からOculus Linkを許可する

これだけです。Oculusアプリは下記URLから。赤枠のDownload Softwareからダウンロードできます。10GBくらいと容量が大きいので注意。

oculus.com/setup/

有償版Whirligigを入手、設定する

次にOculus Linkで使えるVRプレイヤー(Whirligig VR Media Player)をダウンロードします。読めませんね。無償版もありますが390円の有償版じゃないと動かないので注意。僕と同じくOculus Linkで使う方はOculus Storeから、それ以外の方はSteamから購入推奨です。

これもそこそこ容量大きいので注意。

動画を用意する

次に動画を用意しましょう。僕はアダルトフェスタVRで購入しています。現状Whirligig VR Media Playerでしかこの同時連動はできないのでDRM制限がないアダフェス一択だと思います。洋モノでもいいなら選択肢はかなり広がりそうですが。

僕は下記の動画を使いました。

【4KHQ】可愛すぎる小悪魔彼女 白川ゆず 初VR 顔舐め耳舐め乳首舐めキスしながらボクを何度も何度もイカせてくれるスケベな美少女と超絶いちゃラブSEX

CSVを用意する

CSVは

  1. 既製のCSVを頂戴する
  2. アダフェスの動画から抽出する
  3. 自分で1から作る

の三択です。

1はたとえば冒頭で紹介したtakeotakeoさんなど、他の愛好家が作ってくれたものをありがたく利用する方法です。今回僕が試す動画もこれにあたります。

2は購入したアダルトフェスタVRの動画からツールを使って抽出する方法で、Afesta.tv Script Extractorというツール(Damitrix氏)で抽出できるようです。

Afesta.tv Script Extractoをダウンロードする

Afesta.tv Script Extractorをダウンロードする

これでを使えば、A10サイクロンSA対応動画を購入してA10サイクロンSAのCSVだけを抽出し、UFO SAのCSVだけを自作してぶち込む、なんてこともできます。

※やろうと思いましたがAfesta.tv Script Extractorのファイルダウンロードすらやり方が分からず頓挫しました。調べてもぜんぜん情報がでてこず、分からなかったです。

※2021年2月2日追記、やってみたところAfesta Script ExtractorによるCSVの抽出に成功しました。

1も2もできないときには全部自分で作るしかありません。CSVの自作は面倒ですが、自分の好きな作品で、苦労して作ったCSVでVRオナニーするときの快感は格別。CSV作成中にじらされたぶん快感もひとしおなのです。

UFO SAとA10SAとの同時連動させがいのありそうな作品は僕のほうでもCSVを自作して公開していこうと思っています。

CSVは調達してきたら動画ファイルと一言一句違わぬファイル名にして保存してください。

Vorze専用無線アダプタのドライバをインストールする

この記事を読んでくださる方ならすでにやっている方がほとんどかと思いますが僕が忘れてかなり時間をくったので一応。

Vorze専用無線アダプタをつかってアダルトグッズ連動をしたことがないPCの場合、専用のドライバーをインストールしないと連動できないのでいれましょう。こちらは容量が少なくすぐできます。ダウンロードは下記より可能。

※すべてPC版の話です。

僕は一番下の手動インストールをしました。

Vorze Player Helper Multiを入手、設定する

takeoのアップローダー

作者のtakeoさんが無償で載せてくれています。使い方やダウンロードパスは下記takeoさんのブログにあります。

Vorze Player Helper Multiの紹介 ー takeoのAV・アダルトゲーム情報紹介サイト

いちおう僕が設定するなかで苦労したこととかを共有します。

まず「設定よりtimecodeserverをOnにします」とありますが、ここはtakeoさんのブログにあるキャプチャ通りではなかったです。Whirligigを起動して左上のほうのタブにあるSettings→Playback→Advanced→Time Code Server~ にチェックを入れればOK。わかりにくかったら下記のステップガイドを見ると画面キャプチャ動画があるのでわかりやすいです。海外のサイトです。

Setup Guide

↑こちらで「For VR users only」とページ内検索(Ctl+F、command+F)して出てきたところのすぐ下に解説とキャプチャがあります。

あとVR動画とCSVのファイルは、一つのフォルダに「動画ファイル+CSVのフォルダ(UFO SA用)+CSVのフォルダ(A10サイクロンSA用)」のようにまとめ、それぞれCSVフォルダの中にCSVファイルを入れておいたところ問題なく動きました。

※プレイヤーの都合上CSVはすべてファイル名が同じで区別しにくいため、何のCSVなのかわかるようフォルダにちゃんと名前をつけましょう。ファイルサイズとかみて確認するのがおすすめ。僕は間違えました。ちなみにここでフォルダ名を間違えると動きがちぐはぐになります。

他は説明のとおりにやれば(少なくとも僕の環境では)大丈夫でした。

WindowsでHEVCを再生可能にする

僕の環境だけかもしれませんが、最近のWindowsはどうやらHEVC(H265)というファイル規格にデフォルトでは対応していないらしく、アダルトフェスタVRの動画もこれにあたるらしく、Whirligigを起動しても再生できませんでした。動画を読み込もうとしても英語のエラー文で「このメディアは再生できません」的な赤文字がでてきて全く進みません。

この解決策がわからず半日くらい潰れましたが、検索しまくってでてきた下記ブログのおかげで原因を突き止め、コーデックを拡張したところ再生できるようになりました。

WindowsのMedia FoundationでH265(HEVC)を再生できるようにする方法

謎ですがWindowsに120円課金する必要があります。なぜか住所とか要求されますがまあしかたない。金払ってインストールしたのに最初はなぜダウンロードできませんと言われてキレそうになったのは内緒です。いじくり回していたらいつの間にかダウンロードできていました。

拡張したらWhirligigの再生エラーはすぐに改善しました。

アダルトグッズをつなぐ

個々が一番の難所です。めちゃんこ苦労しました。とにかく情報が少ない。

基本的にtakeotakeoさんのブログの手順通りにやれば大丈夫ですが、僕が実際にやってみた中で苦労した点をいくつか紹介。

  • VorzeComPortNumberになにも表示されない→ドライバーをインストールしていない可能性大
  • 子ウィンドウでStartにチェックをいれるとウィンドウが閉じてしまう→ドライバーをインストールしていない可能性が高い
  • Vorze Player Helper Multiの起動タイミングがよく分からない→Whirligigを起動してから←これ大事
  • Vorze Player Helper Multi はどうなればちゃんと動作する?→Whirligigを起動した状態で、親ウィンドウと連動させたい機器の個数分の子ウィンドウが開いており、そのすべての「Start」にチェックが入れたうえでWhirligig側で同じファイル名の動画を選択すれば、正常に動作する(はず)
  • 特に不具合なくできているはずなのに連動ができない→Whirligigで再生する際に動画をちゃんと選択しなおす← Vorze Player Helper Multi は動画選択の際にCSVを読み込んでおり、Vorze Player Helper Multi の起動中にWhirligig側で動画選択(読み込み)操作を確認できないと Vorze Player Helper Multi が正常に動作しないため
  • 連動させることはできたが片方しか出来ない→Vorze専用無線アダプタを挿し替える、別のポートに挿し替える、Whirligig VR Media Playerを再起動してみる、 Vorze Player Helper Multi を起動し直してみる、アダルトグッズを再起動してみる、アダルトグッズの起動の順番を変えるなど色々試す。あがき続けることが大事

こんな感じです。Whirligigは全画面で起動するため一見するとWhirligigの起動中に他の操作はできないように見えますが、Alt+Tabのタスク切り替えで他のアプリ(例えばエクスプローラーやOculusアプリなど)を開いてからPC下の検索バーから検索→起動を駆使することで、Whirligig起動中に Vorze Player Helper Multi の設定ができます。

オナテク掲示板にも手順など詳しいテンプレがありますが、僕はtakeotakeoさんのブログを参考にしました。掲示板のテンプレはすごく詳しいですが少々情報が古い感じがしたので。

あと順番は間違えないで手順通りにやりましょう!

動画を再生する

あとはOculus Quest2をかぶって見るだけです。

Whirligigはかなりいろいろなパラメータを調整でき、自分の見やすい環境を実現できます。僕はFisheyeで見ています。全部英語なので最初は何が何だか分かりませんが、いじっているうちにすぐ分かるようになるので大丈夫です。

成功したらそこは桃源郷。おつかれさまでした。

注意点

プレイ中ディスプレイにエロ動画が映し出される

動画再生中はPCの大画面にAVが表示されるので注意。人に見られるリスクのある状況で使わないようにしましょう。

【追記】

Whirligig起動中にAlt+Tabで他のアプリを全画面で開けば画面に映らないようにはできるようです。ただ油断するとまた画面いっぱいにエロ動画が広がるので注意。

無線の圏外にでるとつながらなくなる

あと苦労して連動できるようになってもうっかりUFOSAをつけたまま無線アダプタの圏外に出てしまうと接続が切れて連動しなくなります。注意。

avi形式は読み込めないことがある

アダルトフェスタVR初期の動画にはMP4ではなくaviという拡張子の動画ファイルが使われていることがあります。Windowsでも読み込めないし、Whirligigでもエラーがでて読み込めません。

PC版とかスマホ版とかいろんなダウンロードファイルがあるので他のところでダウンロードすればMP4がダウンロードでき再生できることがありますが、僕の環境では綺麗に再生できませんでした。

実際に連動に成功して試した感想

かなり大変でしたが最高です。

金はかかるし、パソコンのパーツ選びや組み上げにも苦戦したし、いくら試してもぜんぜん連動しないし。2日近く悪戦苦闘してやっと連動したかと思えば片方だけしか動かないし、やっと両方同時に動いたと思えばまた片方が動かなくなったり。

ムラムラそしてイライラしながら3,4日(1日5時間くらい)悪戦苦闘し、ようやく連動したときの感動は最高でした。やっぱり乳首と股間で全く同じ動きをするディメンションプレイヤーの謎連動とは没入感がぜんぜん違います。

あと想像以上にOculus Quest2+Oculus Linkの映像体験がすばらしかった。以前Oculus Questをつかっていた頃は高いくせに画質も没入感もスマホと大差ないとがっかりしましたが、Oculus Quest2+Oculus Linkは没入感も画質もかなりいい感じ。位置関係もバッチリだし心なしか視界も広いし、Whirligig VR Media Playerなら調節できる項目が多く使い勝手もいいです。

ただOculus Quest2がいいのかPCとつなぐのがいいのかはまだよく分かりません。Oculus Quest2やOculus Linkの影響はまた別の記事で書きます。

ゴタゴタ書きましたがマジで最高です。本当に高かったけど今のところは本当に挑戦してよかったと思っています。ハイスペックなパソコンを持ってる方はやってみたらどうでしょうか。

よく読まれている記事

-アダルトVRゴーグル

© 2021 えろマジ Powered by AFFINGER5