オナホール

【スタンドベーシック レビュー】一番無難なA10サイクロンSA固定方法はコレだ

A10サイクロンSAなどの電動オナホールを固定したいけど、スタンドベーシックってちょっと高い…。価格に見合った性能はあるの?

こんな疑問にお答えしたいと思います。結論から言うと価格だけの価値はあります。少なくとも僕は購入を全く後悔していません。

なぜそう言えるのか、実際に使っている画像を交えつつ詳しく書いていきます。

クリックで読みたいところにジャンプ

スタンドベーシックはぶっちゃけいい?悪い?

結論から言うと、個人的にはいいです。購入前に評判を調べた際には悪い評価もいくつかあって「微妙かな…」と思っていたのですが、いい意味で裏切られました。

使い勝手は満点とは言えないですが、スタンドとしての基本機能はしっかりしているので買ってよかったです。何より無加工でがっちり安心して使えるのが素晴らしいと思いました。

スタンドベーシックの外観

それではまずスタンドベーシックの外観を見ていきましょう。

一番下を向いた状態がこんな感じ。

一番上まで戻すとこんな感じ。

クランプ部分はこんな感じ。

クランプ単体だとこんな感じ。クランプ2つで根元の板状の部分を挟み込みます。

取り付け部分はこんな感じ。クランプはかなり丈夫な感じです。

ホールを取り付けるとこんな感じ。

本体裏のネジ穴でホールを固定します。A10サイクロンSAは2つ、A10ピストンSAとNLSピストンは3つネジ穴がついています。大きさと強度の問題だと思います。固定用のネジは合計5つ分付属するので心配ありません。

本体裏のネジ穴とは別で、位置調整スライドに固定するためのレバーが↑。左右に2つずつあります。

このレバーを使うとホールの上下位置を調整でき、この状態から

この状態まで上下に動きます。スライドの可動範囲は最大5センチくらい。

この状態から

この状態まで動きます。見た目にはわかりにくいですね。

角度調整は座椅子方式(段階に分かれていて動かすとカチカチ鳴るやつ)で13段階調整可能です。

スタンドベーシックの設置手順

設置手順は下記の通り。

  • バックプレートにネジで本体を固定する
  • 万力でスタンド本体を固定する
  • ストッパーで本体+バックプレートをスタンドに固定する

こんな感じです。

バックプレートにネジで本体を固定する

まずネジを使ってバックプレートに本体を固定します。

2か所(ピストンシリーズの場合3か所)のネジ穴にネジを入れる感じでバックプレートを本体に固定します。

外れると危ないのでしっかり付けます。

万力でスタンド本体を固定する

次に万力で固定具本体を固定します。

机に跡がつかないように気を付けつつしっかり目に固定します。

ストッパーで本体+バックプレートをスタンドに固定する

最後に2本のストッパーを締めて本体とバックプレートがくっついたものを固定します。

ネジ穴を合わせる必要もなく締めるだけなのでネジより簡単です。

スタンドベーシックの悪い口コミ

NLSの口コミを見てスタンドベーシックの懸念点を洗い出したうえで、実際に僕が使ってみてどう感じたのかを書いていきたいと思います。

全体的に使い勝手に関する不満が目立ちました。基本性能については僕と同じくそこまで不満は上がっていないようです。

上から順に「たくさん書かれていた不満」「致命的と思われる不満」を書いていきます。

スタンドベーシックの悪い口コミ①:ちんこを腹側90°以上に調整できない、角度調整の向きが逆

男性の口コミ
調整できる角度がほぼ水平状態(0度)から垂直状態(90度)までしか動かないため、勃起時に腹に付くぐらいの人の場合は必然的に垂直状態で使うことになるのですが、それでも角度的には辛く座った状態では痛くて集中できないレベル。

(あまり言及されていないので稀なのでしょうが、私は座りながら手で持って使う場合は大体130度くらいなので……)

これは一番たくさん書かれていましたし、僕も実際購入前に心配していたポイントです。

どういうことかというと、スタンドベーシックは机に水平に取り付けたときに角度調整が90°しかできません。それまではいいのですが、この90°が「真下→水平(自分側)」(上記画像を参考)という向きにしか動かないのです。

ちんこ的にも(仰向けに寝ているとしたら)「真上→水平(足先側)」という向きにしか調整できないんですね。
要するに勃起しているのにちんこが逆向きに折り曲げられるような角度にしか調整できないということです。

逆向きの90°であれば反り返る勃起状態に沿って使えるのですが、そうはいかないので「なんで逆向きに調整できるようにしてくれなかったんだ」と酷評されているわけです。

実際にはどう?

しかしこれは別の方のレビューでも言われているようにマシンの取り付けの向きを逆にするだけで解決することができます。(実は逆にする必要もないのですがその理由については後述します)

男性の口コミ
固定方向が真横から真下向きですが、バックプレートのねじ止め位置を逆にすれば逆向きにも使用できます。

実際に試してみるとこんな感じ。T字のバックプレートを逆に取り付けるだけで逆向きの角度調整ができます。

これくらいの角度なら勃起の角度にそのまま合わせることができると思います。

実際にA10サイクロンSAを取り付けてみるとこんな感じになりました。

しかしこれで問題解決とはいきません。なぜならこの方向で角度調整するとおそらくほとんどの人がかえって使いにくくなるからです。

1つは、万力の向きによっては上記画像のようにオナホマシンとぶつかってしまいます。

そして2つ目に、勃起の角度に合わせると挿入が浅くなります。サイクロンSAにしろピストンSAにしろ、下腹部にマシンの淵の部分があたってしまいしっかりと挿入できないんですよね。

反対に、脚のほうに傾くのであれば股の部分にはぶつかるものがないのでしっかり根元まで入れることができます。

ハナから全部挿入しきれないほどの巨根の人ならはみ出るのは変わらないので影響ないでしょうが、ホールの長さよりも短い人の場合このように逆に取り付けることで挿入が浅くなってしまい気持ちよさが半減してしまいますよね。

以上の2点から、この設計は欠点どころかむしろちゃんとユーザーのことを考えているポイントと言えるでしょう。

スタンドベーシックの悪い口コミ②:角度調整の向きのせいでローションがこぼれる

男性の口コミ
すでに他の方のコメントにもありますが、角度調整の向き(方向)が原因で、非常に使いづらいです。

机に取り付けた状態で角度を調整するためには、一度ホールを真下に向ける必要があり、その際に中のローションが全てこぼれてしまいます。

これが原因で、セッティングするだけで手と床がベトベトになり、とんでもなく苦労します。

これについては間違いないです。ただこれはローションを入れてから設置作業をする場合の話です。ローションを先に入れるのではなくちんこに塗るようにすればローションがこぼれて困ることはありません。

対策可能です。

スタンドベーシックの悪い口コミ③:使用中の角度調整ができないしやりづらい

男性の口コミ
サイクロン、ピストンSA共に使いましたが固定が手間で、角度調整が挿入したままだと無理なので体勢を変えることができません。

実際この通りで、使用中の角度調整はやり辛いです。

角度調整は座椅子方式なので、端まで動かさない限り一方通行ですし、調整するなら挿入をやめないと無理です。位置は動かせず角度しか動かせないので入れたままだともげてしまいますからね。

ただこれに関してはそこまで不便とは感じませんでした。一回位置決めしたらそんなに動かさないので。

スタンドベーシックの悪い口コミ④:ネジやストッパーが多く設置が面倒

男性の口コミ
まず、スタンドの固定方法が面倒で、机などに固定するのにストッパーを2つ使用しますし、スタンドと本体を接続させるのにネジを3つも使いますので、設置するのに手間がかかりすぎかなと思います。

ストッパーは1つに、スタンドと本体の接続をワンタッチでできるようにして欲しかったと思います。

スタンドを使うには3か所止めるだけなので個人的にはそこまで面倒くさいとは思いませんでしたが、面倒くさい人はいるのかもしれません。

ワンタッチでつけられたらもちろんありがたいですが…。

それによって固定が弱くグラグラするくらいなら多少面倒でもしっかり固定できた方がいいと思ってしまいます。

スタンドベーシックの悪い口コミ⑤:可動部のゴムに亀裂が入っている

男性の口コミ
開封時点で可動部のゴムカバーに少し亀裂が入っており、使用し始めたら速攻で破けました。

これは僕もそうでした。最初から亀裂が入っていましたね。

でも実際に使う分には全く困りませんし、全く気になりませんね。

スタンドベーシックの悪い口コミ⑥:クランプの強度が低い

男性の口コミ
固定することで、両手がハンズフリーになるのでおすすめです。付け方次第では、色々と楽しめます。

しかし、このアタッチメントを固定するクランプなのですが、使用回数10回未満で、固定しようとしている最中に、角の部分が折れてしまいました。

私もびっくりして、そんなに力を加えてなくても折れてしまったので、クランプの強度はそれほど高くはありません。折れてしまった場合は、普通のクランプでも代用可能ですので、安心して下さい。

僕が使っている分には壊れてはいません。見る限りクランプかなり丈夫そうに見えますけどね…。これ折るって相当力入れているのでは?と思わなくもないです。

スタンドベーシックの悪い口コミ⑦:テーブル天板がやわだと取付できない

男性の口コミ
結論から言うと、自分の環境ではうまく固定できませんでした。机に固定しようとしたのですが、私の使用している机はベニヤの中空構造の安いもので、固定具を締め付けようとすると「バキバキ」と机が壊れそうになってしまいます。

これは別に感じませんでした。僕の使っている机はわりと丈夫なので。

ただ確かに、スカスカの中空ベニヤ板だと壊れる可能性はあるのかもしれませんね。

スタンドベーシックの良い口コミ

スタンドベーシックの良い口コミ①:丈夫でしっかり固定できる

男性の口コミ
ピストンSAの固定に使用。

あると無しでは使用感がかなり違うので、必須と言っても過言ではないかと思います。固定はしっかり出来ていますし、疲れずハンズフリーになれる点は非常に便利です。

やはり固定性能自体はしっかりしており、不満がある人は少数派のようです。

スタンドベーシックの良い口コミ:② 全身の力を抜いてもしごいてくれているので生身の人にされているような感覚が強くなる

男性の口コミ
総評として、両手がフリーになるのが素晴らしい。

全身の力を抜いてもしごいてくれているのは、生身の人にされているような感覚が強く出ますので、これも素晴らしい。ピストン・サイクロンを持っている方は、間違いなく購入した方が良いんじゃないでしょうか。

これは本当です。試しにA10サイクロンSAをスタンドを使わず自分で固定して使ってみましたが、ハンズフリーでVRに連動させていたときのすさまじい快感から一転、動かし続けても抜けないくらいの快感性能に落ちてしまいました。

固定は偉大。

スタンドベーシックの悪いところ

ここからは実際に使って感じたスタンドベーシックの悪いところを書いていきます。

率直な感想を淡々と書くので、悪いところと言いつつ実際には困らないようなことも書いています。

スタンドベーシックの悪いところ①:ほかの方法と比べると価格が高い

電動オナホシリーズの固定は主に3つやり方がある(と思っている、下記記事参照)のですが、その3つのうちスタンドベーシックは価格が高いです。

A10ピストンSAおすすめの固定方法|PCモニターアームが最強

A10ピストンSAを購入した(したい)のであれば固定具は必須です。固定具のないピストンSAなんて四次元ポケットを持たないドラえもんみたいなものです。 固定具がないとA10ピストンSAはポテンシャルの3 ...

続きを見る

  • 腹筋マシン…3,000円弱
  • モニターアーム…4,500円
  • スタンドベーシック…6,000円

みたいな感じです。ただオナホを固定するだけで6,000円というのはかなりハードルが高いという人もいるでしょう。

スタンドベーシックの悪いところ②:汎用性に欠ける

モニターアームはパソコン用に使えますし、腹筋マシンは腹筋用に使えますがスタンドベーシックは電動オナホの固定以外に用途がありません。

でもぶっちゃけそんな困る話じゃないです。強いてあげれば程度のデメリットです。

スタンドベーシックの良いところ

ここからは実際に使って感じたスタンドベーシックの良いところを書いていきたいと思います。

スタンドベーシックの良いところ①:取り付けが簡単

取り付けが面倒という口コミもありましたし、実際手軽さはそこまでではないです。しかし取り付け自体が簡単で、誰でもできそうな感じなのはメリットかと思います。

そもそも大型電動オナホでオナニーすること自体クソ面倒なので(準備と後始末が)別にこのくらい良くね?と思っています。

変に手軽な機構にしてやわなつくりにされるより全然いいです。

スタンドベーシックの良いところ②:可動範囲がいい感じで、痒い所に手が届く

口コミで酷評されていた可動範囲ですが、僕個人的にはちょうどよい感じに思えます。

13段階とかなり細かく微調整できますし、不満はないかな。

スタンドベーシックの良いところ③:作りが丈夫で頑丈

万力もスタンドそのものもかなり丈夫にできています。

使っている最中にグラグラしないのは素晴らしい。

スタンドベーシックとモニターアームの違い

ここからは他の固定方法とスタンドベーシックの違いにつて書いていきます。

他の固定方法については下記を参照ください。

A10ピストンSAおすすめの固定方法|PCモニターアームが最強

A10ピストンSAを購入した(したい)のであれば固定具は必須です。固定具のないピストンSAなんて四次元ポケットを持たないドラえもんみたいなものです。 固定具がないとA10ピストンSAはポテンシャルの3 ...

続きを見る

スタンドベーシックとモニターアームの違い①:スタンドベーシックは加工が必要ない

まず一切無加工届いたままの状態で使えるのがスタンドベーシックの一番の強みですね。

モニターアームはネジ穴の加工をしなければ使えませんでしたが、スタンドベーシックは加工など一切いりません。加工用の工具も追加のパーツも一切いりません。

当たり前っちゃ当たり前なんですがモニターアームから入った人間としてはかなりありがたいです。使うモニターアームにもよるんでしょうが。

スタンドベーシックとモニターアームの違い②:高さの調整の自由度

これは想像してもらえればわかると思いますが、位置調整の自由度が違います。

モニタアームのほうが自由度が高くいろんな位置に調整できます。

別にオナホを固定するだけならどちらを使っても不便はないです。ただ、椅子に高さ調整機能がない人はモニターアームを使った方が確実に高さや位置を合わせられるような感じもします。

スタンドベーシックとモニターアームの違い③:値段はほぼ同じ

値段はスタンドベーシックのほうが1,000円くらい高いです。まあただの固定具としてはどちらも高いですし大差ないといえるでしょう。

ただ高いだけの価値はあります。電動オナホ使うなら固定具は必須ですね。

スタンドベーシックと腹筋マシンの違い

腹筋マシンは使ったことないので憶測で書きます。

スタンドベーシックと腹筋マシンの違い①:値段は腹筋マシンのほうが安い

値段は腹筋マシンのほうが4,000円くらい安いです。金がない人は腹筋マシンのほうがいいんじゃないでしょうか。

スタンドベーシックと腹筋マシンの違い②:手軽さも腹筋マシン

手軽さも腹筋マシンのほうが勝っていると思います。

スタンドベーシックは固定するために何回かねじ止めしなければならないけど、腹筋マシンはテープでグルグル巻きにするだけです。

スタンドベーシックと腹筋マシンの違い③:安定度はスタンドベーシックが圧勝

取り付けたときの安定感は言うまでもなくスタンドベーシックのほうが勝っています。

安定感重視なら絶対スタンドベーシックかモニターアームを使いましょう。

スタンドベーシックのレビュー まとめ

スタンドベーシックについてまとめると

  • 基本の固定性能には問題なし
  • 使い勝手の面で若干難があるが気になるかどうかは人による。個人的には気にならない
  • 5,900円という値段を許容できるなら買い

こんな感じでしょうか。値段さえ許容できるならかなりいい商品です。

A10サイクロンSAやA10ピストンSAを使うなら固定具は必須だと思うので、その中で安定感や信頼性を重視するんならスタンドベーシック、値段の安さを重視するなら腹筋マシンといった感じになりますね。

固定は偉大ですよ。

参考記事

A10ピストンSAおすすめの固定方法|PCモニターアームが最強

A10ピストンSAを購入した(したい)のであれば固定具は必須です。固定具のないピストンSAなんて四次元ポケットを持たないドラえもんみたいなものです。 固定具がないとA10ピストンSAはポテンシャルの3 ...

続きを見る

管理人おすすめのオナホランキング

オナホユーザー必見の便利グッズ紹介

もっと気持ちいい射精を極めたい方へ

「いい加減童貞卒業したい!」という方へ

-オナホール

© 2020 えろマジ