オナホール

【オナドライ レビュー】驚異の乾燥力!オナホユーザーなら買って損なし

7月 8, 2020

オナホールを使った後の処理がまずくてカビが生えたり、臭くなってしまう…。

この記事を読んだらもうこんなことで悩む必要はありません。なぜならオナドライがあるから。

マジでこれには感動しました。あなたがもしオナホユーザーで、オナドライを使っていないのなら絶対に使うべきです。断言します。

今回はそんなオナドライを使った感想を記します。

そもそもオナドライとは?

オナドライはオナホールを一瞬で乾燥する便利グッズです。オナホに差し込むと、手やタオルでは乾かしにくいオナホの内部の水分を一瞬で乾かしてくれます。

珪藻土バスマットって聞いたことありませんか?お風呂の出口に置いとくと水を吸ってくれて、タオルみたいにいちいち洗って乾かさなくても勝手に乾いてくれるというスグレモノ。

オナドライはあれと同じ珪藻土で出来ていて、オナホに差し込むだけでオナホ内部を一瞬で乾かしてくれる。すごい。

以前から購入しようと思ってはいたものの、実際に効果があるのか半信半疑でなんとなく買えずにいた…が、今回思い切って購入した。そんなに高くないしね。

パッケージはこんな感じで、外見はなんだか簡易オナホウォーマーに似ている。

珪藻土というともっと表面はざらざらしているのかと思っていたけど、実際にはざらざらしているとオナホ内部が傷ついてしまうし奥まで差し込めないので想像以上に滑らかになっていた。

オナドライを実際に使ってみた

百聞は一見に如かず、まずはオナドライを実際に使ってみた。

使用するホールは名器の品格、上付きである。内部構造が無次元加工といわれる有機的で隙間のない構造をしているのでとても使いにくそうだが、うまく水を拭きとってくれるのだろうか。

ちなみに使う前は一切拭いていない状態で、オナホを下に向けて持って水がギリギリしたたってこないくらい(しばらく持っていると垂れてくる)。中を触るとかなりビショビショで、このまま放っておいたら確実にカビが生えてしまうのは間違いなさそう。

実際に入れてみる。

やはり中の構造が詰まっていることもあって、入れにくい。名器の品格自体耐久性の低いオナホなので、慎重に指で穴を広げながらやると、1分くらいで何とか中までオナドライを挿入することができた。

そして説明書の通りにオナドライを揉みこんでいく。そして、取り出す。

取り出したオナドライの様子。湿っている。

湿っていない側の写真。写真で見てもほとんどわからないと思うけど、入れていた側のほうが明らかに湿っていて確かに水分を吸収している感じがある。肝心のホール内部はどうか。

……!!

驚いた。本当に水が切られている。文字通り水分がきっちり吸収されていて、確かについ一瞬前までそこに水が存在した感触は感じるが、水分そのものは全く感じない。これはすごい。

半信半疑ではあったけど、「差し込んだまま保管するのは禁止」と注意書きをするだけあって、吸水力は確かだ。これなら確かにカビないと思える。

ちなみに名器の品格はオナホの中でもかなりオナドライを使いづらい部類に入ると思うけど、それでも問題なく使えた。もちろん、もっと素材の硬いオナホや穴の作りの単純なオナホならもっと使いやすいと思う。

オナホを乾かせると衛生面を気にする必要がなくなる

シンプルだけど、これが大きい。今まではオナホをどんなに洗っても、タオルを指で押し込んで内部を拭いても衛生面で不安があった。石鹸で雑菌を落とせたとしても、水分がのこっていてはカビやにおいはいくらでも発生しうるからだ。

逆に、水分さえなえれば衛生面は何とかなる。極端なことを言えば、多少精子やローションが残っていても、水分がゼロなら匂いやカビはかなり抑制できる。

とりあえずじゃぶじゃぶとハンドソープで洗ってとりあえずオナドライで乾燥しておけば、衛生面の心配はほとんどなくなる。これはオナホを扱う上での一番のネックが解消されたも同然なのである。

ごたごた書いたが、ここまで文句なくしっかりと役割を果たしてくれる製品はなかなかない。オナホの乾燥を楽にしたいと感じているのであれば、買って後悔することはまずないだろうと断言できる。そんな製品だ。

開発者の方に感謝したい。

管理人おすすめのオナホランキング

オナホユーザー必見の便利グッズ紹介

もっと気持ちいい射精を極めたい方へ

「いい加減童貞卒業したい!」という方へ

-オナホール

© 2020 えろマジ