アダルトVR動画の感想・レビュー

アダルトフェスタVRの評価・感想

アダルトフェスタVRとは

アダルトフェスタVRは国産のアダルトVR動画を配信しているサイトです。2016年頃のVR初期から動画配信している老舗でアダルトVR作品の配信数ではFANZAに次ぐ2番手。僕も一番つかっています。

アダルトフェスタVRの良いところ

DRM制限がない

アダルトフェスタVRで購入した動画にはDRM制限(動画の不正なコピーを防ぐためのロックみたいなもの)がありません。DRM制限がかかっていると

  • 専用プレイヤー以外での動画再生ができない
  • 動画ファイルとしての転送が不可能
  • ダウンロード作品でも見る前に認証が必要になる(ことがある)

よく比較対照にあがる最大手のFANZAはダウンロード購入してもDRM制限がかかっているため、アダルトフェスタVRの一番の強みはここ。理由は二つ。

  • メーカー指定の専用VRプレイヤーは使い勝手が悪い
  • メーカー指定の専用VRプレイヤーはCSVとの連動ができない(あるいは、できるが自由度が低い)

ため。後述しますが特にアダルトフェスタVR専用プレイヤーであるディメンションプレイヤーの使い勝手はすごく悪いです。

またCSVについてFANZAの専用プレイヤーはそもそも動画とCSV(電動オナニーグッズ)との連動ができません。アダルトフェスタVR専用プレイヤーのディメンションプレイヤーは連動はできますが、複数グッズを同時に連動させようとすると二つとも同じ動きをしてしまい没入感が低いです。
しかしDRM制限がなければ専用プレイヤー以外の使い勝手の良いプレイヤーを使うことができます。快適に動くし連動もきちんとできます。

画質が良い

画質が良いのもアダルトフェスタVRの強み。ここ最近配信の動画はほぼすべて4K60fpsの高画質です。例えるなら4Kテレビ並みに高画質で4Kテレビの2倍滑らかということです。

最初に4K60fps画質でアダルトVRを提供しはじめたのがアダルトフェスタVRで、当時はFANZAよりもアダルトフェスタVRのほうが圧倒的に画質が高かったです。今となってはFANZAもHQの名前で4K60fps動画を配信しているので特段優位性はありませんが、アダルトフェスタVR=高画質のイメージは今でもあります。

動画とアダルトグッズを連動できる

DRM制限と同じか人によっては一番の強みになるかもしれないのが動画とアダルトグッズの連動機能です。

現在アダルトフェスタVRで配信している動画の多くは「+1D(ぷらすわんでぃー)」という映像体感動画です。+1D動画は映像にあわせてアダルトグッズの動きを記録されており、専用のディメンションプレイヤーで再生すると動画にあわせてVR動画が連動します。女の子が手コキをすれば電動オナホールが動き、乳首をなめれば乳首刺激グッズが動きます。これがすごい。アダルト動画とあわせると猛烈な威力を発揮します。ふつうのエロ動画に連動させてもグッズの存在が見えるのでそこまで感動しませんが、VRだと視界が遮られるため没入感が段違い。素晴らしい体験ができます。

アダルトVRのグッズ連動を布教するためにこのブログを書いている節さえあります。使ったことない人はマジで一度でいいから貸してあげたい。

アダルトフェスタVRのダメなところ

素晴らしい動画を提供してくれている反面クソなところが多すぎます。

再生アプリのディメンションプレイヤーがクソすぎる

一番の不満。専用再生アプリのディメンションプレイヤーの使い勝手が最悪すぎます。ざっとあげると

  • 再生時になぞの黒枠があり視界がせまい
  • VR画面で操作しなくてはならず動画選択がしにくい
  • VRなのに動画再生中は画面タッチしないと操作できない
  • 再生中のシークバーが一度進むと戻らない
  • チャプターまたぎが遅い

など。他にもディメンションプレイヤーの評価をGoogle PlayやApp Storeで見てみると不満の嵐。

  • iOS14で画面がグルグル回転する
  • iPhone12で画面が小さくなってしまう
  • アプリが落ちる
  • アプリが落ちるため動画再生すらままならない

正直アプリストアでのレビューは明らかにアプリのせいじゃないのに不満を垂らしている人もいるくらいであまり参考にならないときも多いですが、それにしても不満が多い。1から5点満点の評価で1点台です。そうとう悪評が重なり続けないかぎりここまで下がりません。アプリなので検証しきれず不満がでるのはしかたないですが、それを全く改善しようとしないからここまで下がるのでしょう。

再生時になぞの黒枠があり視界がせまい

FANZAのプレイヤーはふつうに全画面表示なのにディメンションプレイヤーは視界の周囲になぞの黒枠があります。何か意味があるのかわかりませんが、邪魔なので消してほしいとずっと思っています。

VR画面で操作しなくてはならず動画選択がしにくい

FANZAは動画選択はふつうの画面(VRではない)ですがアダルトフェスタVRの動画選択画面はVRモードです。

正直かなり選びづらいです。いちいち3秒くらい凝視しないと選択できないですし、動画のタイトルもサムネイルも小さくて見づらい。動画検索機能もないし一覧性も悪いし非常に使いにくいです。

VRなのに動画再生中は画面タッチしないと操作できない

ディメンションプレイヤーはVRプレイヤーなのに動画再生中の一次停止や画面送りする際にはゴーグルをあけてスマホの画面をタッチしなくてはなりません。いちいちゴーグルを開けるのも面倒だし、かといってつけたまま操作しようとするとVRレンズのせいで画面が見づらく誤タッチが頻発します。

しかも百歩譲って画面タッチが必要なのを許容したとしても、画面タッチして一次停止すると今度は視線による操作しかできなくなるのが意味わかりません。このせいで「ゴーグル外す→タッチして一次停止→ゴーグルを戻す間に視線で勝手に操作される→予期しない操作が発動」みたいなことが起きます。せめて一次停止したうえでシークバーや一次停止ボタンなどを引っ込めることができればいいのですがそれも不可能です。

こんなの一度でも使えばわかる致命的な欠陥だと思うのですがリリース当初から全く改善されません。

以前は常にVRゴーグルを閉じる場所に指を一本入れてすぐに画面タッチできるようにしてごまかしてました。今はタップで一次停止/再生ができるワイヤレスイヤホンを使って対処しています。

再生中のシークバーが一度進むと戻らない

シークバーの動きもおかしいですが一向に改善されません。たとえば動画を20分まで再生したあと10分のところが見たくなっても、一度動画を消さない限り高確率でもどれません。

理由はわかりませんが、10分のところにシークバーを移動させても再生されると20分の一番直前のシーン(たとえば15分とか)より前のシーンには戻してくれないのです。高確率と書いたのは、ごくたまにちゃんと戻れるときがあるからです。

チャプターまたぎが遅い

動画が複数チャプターに分かれているときの読み込みが遅いです。ただしこれはどのサイトの動画も同じだし回線の問題もあるかもなのであまりあてにしないでください。

サイトが見づらく動画を探しにくい

FANZAと比べるとサイトが見づらく動画を見つけづらいと感じます。たとえばスマホ版で動画を検索したとき、サムネイルをクリックしてもすぐ動画詳細に飛ばないで横からスライドが出てくるところなど。スライドの情報量が少ないのでスライドなんかせずにすぐに動画詳細に飛んでほしいとか。動画一覧にお気に入り数だけじゃなくてレビューの数やレビューの点数も表示してほしいとか。画質が違うだけの作品は同じ作品ページにまとめてほしいとか。ジャンル、女優、メーカーなどの複数条件を一括横断検索できるようにしてほしいとか、特定の単語を入れて動画検索しているのに2ページ目以降は単語指定が勝手に消えて全動画検索になっちゃうとか。

上記のような細かい要素が積み重なって「なんか使いにくい」という印象を受けます。

レビューがぜんぜんない

FANZAと比べて知名度が低いのとレビューするのに購入必須なためかレビューが少ないです。よっぽどの人気作か、FANZAで配信停止された人気作くらいしかレビューがありません。
FANZAは熱量の高いレビューが多いので選びやすいですがアダルトフェスタVRは選びにくいです。

アダルトフェスタVRの作品を買うときでも、いちどFANZAでタイトル検索してレビューをチェックするなんて日常茶飯事です。

作品数が少ない

作品数はFANZAが10,220あるのに対し、アダルトフェスタVRが5,913と2倍弱の差があります。

PICMO VRに比べると多いと思いますが作品数でえらぶならFANZAが優位です。

画質ごとに販売ページが分かれていてわかりにくい

4K60fpsの高画質VR匠と通常画質動画が別のページに分かれていてわかりにくいので同じページにまとめてほしいです。

オナホの独立連動ができない

アダルトグッズとの連動ができるのが長所だと書きましたが、複数のグッズを同時に連動させようとすると少し不都合が起きます。二つにそれぞれ違う動きをさせることができないのです。

A10SA対応動画にUFO SAも同時に連動させるとちんこへの刺激が乳首にもいきます(たとえばフェラされているときに乳首も刺激される)し、UFO SA対応動画でA10SAも同時に動かそうとすると乳首への刺激がちんこへもいきます(乳首を触られているだけなのにちんこも刺激される)。

3点同時責めされているときならこれでもあまり違和感ないですが、単独で責められているときには違和感しか感じません。VRは没入感がすべてなので小さいことですが結構重要なんです。

対応していないデバイスを連動させずに手動でスイッチすることもできますが、自動でなくなるぶん自分でしている感が強まり没入感は少し損なわれます。独立して動かすにはパソコンを使ったVR動画でちょっと工夫をしなければなりません。

UFO SA対応動画がとても少ない

アダルトフェスタVRの人気ランキングを見ているとUFO SA連動動画はすごく需要あるように見えますが、一向に増えません。現時点で10作品くらいしかないです。

メジャーな女優の作品も少ないですし、現時点でもラインナップの追加はぜんぜんないので今後も増えなさそうなのが悲しいですね。ふつうのAVを配信しているアダルトフェスタTVのほうではけっこう対応動画があるようです。

連動のポテンシャルは2Dじゃなくて3Dで発揮されると思うのですが…。

アダルトフェスタVRの月額見放題はどうか

連動アダルトグッズを持っている人にはおすすめです。それ以外の方にはそこまでおすすめしません。知らない女優を発掘することが目的の方、単純にVR作品をたくさんみたいだけという方は作品数が多いFANZA、とにかく安くVRを試してみたいという方は14日間無料体験のあるPICMO VRがおすすめです。

最新作が見たい方はそもそも月額見放題サービスはおすすめしません。ぜんぜん配信されないので単品購入のがいいです。

アダルトフェスタVRでアダルトVRをみる手順

必要なものはクレカとスマホ、VRゴーグルです。

動画を購入する

購入したい動画(今回は【4KHQ】可愛すぎる小悪魔彼女 白川ゆず 初VR 顔舐め耳舐め乳首舐めキスしながらボクを何度も何度もイカせてくれるスケベな美少女と超絶いちゃラブSEX) のページを開きます。 クレジットカードで購入するので「クレジットカードで購入する」をクリック。

次にクレカ情報を入力します。情報を入力するのは不安かもしれません。ただ管理人は何度も決済していますが不正利用など被害を受けたことはありません。

あくまでどこで決済したかでるだけ(「L-ポイント決済」みたいな)なのでクレカの明細に「アダルトフェスタ」と書かれることもないです。

この画面がでたら購入完了です。

VRゴーグルを用意する

VR動画をみるにはVRゴーグルが必要です。ゴーグルは大きく分けると3種類で

  • スマホ+簡易ゴーグルVR→スマホがあれば2,000円ほどのゴーグルを買うだけで使えて安いがスマホがしょぼいと画質もしょぼい
  • スタンドアロン型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)VR→2~50,000円と高いが画質が良い
  • パソコンVR→ハイスペックなパソコンや高価なHMD、ケーブルなどが必要で敷居が高く取り回しがしづらい。ゲームや自作CSVと連動できるなど高機能

VRを使ったことのない初心者の方やVR動画が見られればそれでいいという方はスマホVRをおすすめします。

僕はすべて持っていて、手軽に楽しみたいときはスマホVR、ちょっと高画質な動画をみたいときはスタンドアロン型HMDを、本格的にアダルトグッズとの連動をしたいときにはパソコンVRを使っています。アダルトVR動画鑑賞用ゴーグルの選び方、それぞれの長所短所について詳しくは「アダルトVRを見るのにおすすめのゴーグルは?使って比較して出た結論」の記事でまとめているので参考にしてみてください。

ディメンションプレイヤーを起動、操作する

もっとも利用者が多いであろうスマホVRで見る方法を解説します。

まずディメンションプレイヤーをダウンロードします。AndroidはGoogle Play、iOSはApp Storeからダウンロードしましょう。

最初にログインをします。アダルトフェスタVRのユーザーIDとパスワードを入力するとログインできます。

コンテンツ→3Dと選択するとVRモードになるので、ゴーグルにスマホをセッティングしてかぶると動画選択画面がでてきます。

同じ場所を見続けるとゲージがたまり、いっぱいになるとクリック判定がなされ該当箇所をタップしたようになります。この要領で見たい動画を選択→出てきたポップをさらに選択することで動画の読み込みが始まります。

動画を見ている最中は画面をタッチすると一次停止したうえで操作画面が出てきます。シークバー上部にあるサムネイルをクリックすることで該当箇所に飛ぶことができたり、リセンターで視点のリセットができたり、右側の調節バーでズーム倍率や左右調整ができたりします。逆にいうとそれ以外のことはできません。

動画を閉じて選択画面に戻りたいときは左上の×印をふつうにタップするか、シークバー右側にある↩(戻る矢印)を見続けることで戻れます。

アダルトフェスタVRの+1D連動の使い方

連動したいアダルトグッズの電源を入れ、ディメンションプレイヤーを立ち上げ、周辺機器→設定からsearchを選択し、あとは通常の手順通りに動画視聴するだけです。

アプリをタスクキルした場合はもう一度連携しなおす必要があります。ホーム画面に戻っただけなら連携は途切れません。

よく読まれている記事

-アダルトVR動画の感想・レビュー

© 2021 えろマジ Powered by AFFINGER5